スリムシェイプを実際使って分かった効果とは

menu

スリムシェイプの効果のウソ・ホント!

産後の骨盤矯正は効果あるの?経験者の声をまとめてみた

出産後の骨盤ケアは大切、といわれていますが、骨盤ケアをしたときとしなかったとき、どのような違いが出てくるのでしょうか。
何もしないよりも、骨盤ケアをしたほうが良いのはどうしてなのかということを一緒に考えていきましょう。

妊娠から出産までの期間にも骨盤は緩む傾向にある

妊娠から出産までの期間に、骨盤は少しずつ柔らかくなってくると言われています。
これは出産のために、骨盤が開くほうが良いといいう体の作用なのですが、近年では骨盤が開くことについての弊害が指摘されています。
昨今では、産婦人科でも出産を迎えるまでの間にも、骨盤ケアを始めたほうが良いとされているのです。
骨盤が緩みすぎますと、妊娠期間にも支障をきたすことが注目されていますので、妊娠中期からは医療機関においても骨盤ケアするように言われています。

出産後に骨盤ケアをした方がいいこれだけの理由

まずは、産後に骨盤ケアをしなくて悲惨な思いをしているネットのつぶやきを見てみましょう。
探すといくらでも出てきます!

産後にも骨盤ケアは大切です。骨盤が開いた状態では、腰痛の原因になりますし、子宮の回復にも支障をきたすといわれています。
骨盤が開いたままの状態では腰回りやウエストに大量の脂肪がたまりやすい状況になります。
たっぷりと腰回りやウエストに脂肪がたまっている方のほとんどが骨盤ケアを行うだけでスリムになれるという、簡単ダイエットで美しくなれる人であるといえるでしょう。

骨盤ケアにはどんな方法があるの?

骨盤ケアの方法はとっても簡単です。
骨盤部分を締めるだけで骨盤ケアができるのです。
産婦人科では「骨盤ベルト」をあっせんしているところもあり、ちょっと高額ですが医療機関での購入は使い方も教えていただけますので安心して利用できるでしょう。

骨盤を締める、という骨盤ケアのポイントは、ウエストではなく、骨盤(足の付け根の部分、妊娠でお腹が膨らんでいない部分)を締めることにあります。
骨盤ベルトをお持ちでない方も、さらし木綿できゅっと縛っておかれるだけで簡単骨盤ケアの完了です。骨盤を締めるベルトは、骨盤ベルト、さらし木綿、トレーニング用のゴムチューブなど、ご自身が骨盤をきゅっと締めやすいものならばどんなものでも大丈夫です。
ウエストや、妊娠でふっくらする部分ではなく、足の付け根、恥骨部分を締めますから、膨らんだお腹は締める必要はありません。

骨盤矯正やった人の声

まとめ

骨盤を締めるだけで、美しいボディラインを保ちながら安産に向かうことができます。
産前、産後特に骨盤が緩みがちですから骨盤ケアにポイントを置きましょう。
デメリットがあるといたしますと、骨盤ベルトをするのが面倒だわ、というところでしょう。
そんなときには、気づいた時だけでも骨盤ベルトを着用してみましょう。
思い立った時だけでも効果はあらわらます。気づいたときだけでもダイエット効果がありますのであきらめず、忘れないよう見えるところに骨盤を締めるグッズを置いておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー