スリムシェイプを実際使って分かった効果とは

menu

スリムシェイプの効果のウソ・ホント!

出産後に骨盤ケアをした方がいいこれだけの理由

出産によって緩んでしまった骨盤をそのままにしておくと、体の中においてどのようなが弊害が生まれるかご存知でしょうか?
産後の育児は想像を絶するもので、骨盤ケアと言われても…と思う女性は多々いますが、骨盤ケアがなぜ必要なのか説明を受けた方はあまりいないように感じます。
ここではこれからの人生において、健康を取り戻し元気に日常生活をおくる為には骨盤ケアがどれほど大切かを要点をまとめながら説明していきます。

出産後に骨盤ケアをした方がいい理由とは

それでは出産後に骨盤ケアをした方がいい理由を解説していきますね。

産道を通りやすくする為にしっかり緩んだ骨盤

骨盤は女性と男性では形も異なり、女性は出産に適した形として横長の形になっています。
妊娠中はこの骨盤が徐々に開いていきますが、これは出産の時に赤ちゃんが産道を通りやすくする為です。
妊娠初期から出産するまでの長い期間をかけて、骨盤を支える靭帯を緩ます物質が絶えず出ていますので、靭帯が緩むと骨盤はどんどん開いていき、出産時には赤ちゃんが通るのに程よく緩んでいるのです。

骨盤が緩んだ状態で体の内部で起こっている事

この骨盤の緩みを産後にそのままにしておくと、その後の日常生活にはどのような事態が起こるのでしょうか?
骨盤というのは、人体において上半身と下半身を支える土台のようなもので、内蔵も骨盤によって支えられています。
出産によって骨盤が緩んだ状態が続くと、骨盤の底が開いてしまいますので内蔵が下がり、上からの内蔵の重さによって、大切な子宮等が骨盤の下に下がってしまいます。

正しい位置ですと赤ちゃんを守る役割をする骨盤ですが、骨盤が広がり子宮が下がった状態で次の妊娠をしてしまいますと、お腹の中の赤ちゃんが圧迫されてしまいます。
また内蔵や骨盤が下がった状態でお腹が大きくなりますと、脚の付け根を圧迫し始め、妊娠高血圧症や血管が浮き上がる下肢静脈瘤が出てしまうのです。

そして開いたままの骨盤周りに脂肪がついてしまい、下がった内蔵や骨盤の影響でお尻周りが大きくなります。
骨盤周りに脂肪が付いてしまいますと、この脂肪はなかなか落ちないのです。
脂肪がしっかりと付いてしまう前に骨盤ケアが急務となります。

どのような骨盤ケア方法が効果的?

骨盤ケアの方法としましては、まずは下がってしまった内蔵を正しい位置に戻してあげます。
人間には常に重力が働いていますので、立っているとどんどん下へ下がっていってしまいます。
寝転んだ状態から腰を持ち上げる事で、下がってしまった内蔵を元に戻す事が出来ます。
しかしこのままでは一時的なものとなってしまいますので、正しい位置に戻した後に骨盤を締める運動や骨盤ベルトで固定してあげる事が大事になってきます。

骨盤底筋を鍛えてあげる事も効果的で、脚を伸ばして座った状態から、脚は使わずお尻だけで前進後進を繰り返すと骨盤底筋を鍛える運動になります。
この運動は骨盤を整える事にも効果的ですので、夜寝る前にする事をおすすめします。

妊娠出産によって、女性の体には思った以上の負荷がかかっています。
体の中というのは私たちには見る事が出来ない部分ですので、どのような変化が起こっているかあまり実感が沸かないものですが、少し日常が落ち着いてからの骨盤ケアでも遅くはありません。
気付いた時、やる気になった時からコツコツと積み重ねてみる事が大事です。

産後ケア、後悔しないために適切な時期からしっかりとやっていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー